SDGsの取り組みINITIATIVES OF SDGs

“生活文化と儀礼文化の向上”と“持続可能な社会の実現”に向けた貢献拡大を目指します。
社員一人ひとりがこの重要性を認識し、それぞれの役割を果たしていくことにより、今後もSDGsの達成に貢献してまいります。

“誰一人取り残さない”
社会のための国際目標「SDGs」INTERNATIONAL GOALS FOR SOCIETY SDGs

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。 持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。ニッポンインシュアは、国連が提唱する「持続可能な開発目標」に賛同し、持続可能な社会の実現に向けて事業を展開していきます。

ニッポンインシュアのSDGsOUR SDGs

ニッポンインシュアは、スローガンである「人と地域の社会に貢献」のもと、安心で快適な社会の持続的発展と、
健全で健康的な環境の保全や継承を支える事業活動を以下の内容で展開しています。
今後も業界を問わず、当社事業とかかわりの深いSDGsの達成に貢献すべく、保証のチカラで社会的責任を果たしてまいります。

  • 地域社会の活性化

    地域社会の活性化01

    十分な介護、医療を受けるにはひとりのチカラではどうしようもない場合があります。施設利用にも保証人を必要とする場合が多く、近年では人間関係の希薄化、または経済的理由で保証人を確保するのが難しい時代になりました。
    そこで、介護費債務保証・入院費債務保証をお客様に提供し、弱者的立場の人たちに対してひとりでも多くの方に十分な介護・医療を受けれる為に保証のチカラでサポートします。

    カーブスの30分のサーキットトレーニングは、運動がはじめての人も、今まで運動が長続きしなかった人も体を動かすのが好きになる画期的なプログラムとなっています。運動習慣が身につくことで、体も健康で心も前向きに変わります。カーブスは、それぞれの人が想い描く素晴らしい人生を応援し多くの方の健康寿命を伸ばす活動をいたします。

  • 従業員に最大限のパフォーマンスを

    従業員に
    最大限のパフォーマンスを
    02

    ニッポンインシュアは、共に育つ【共育】と教えて育つ【教育】の両方を実施します。新入社員から中堅社員まで社外研修を行い、共育プログラムと題して実践します。
    また、【教育】では知識向上やスキルアップをはかる従業員に対しては会社が費用を負担し、個々人が希望する教育環境を提供し、自己研鑽やスキル向上を実践します。

  • 差別の無い平等な社会づくり

    差別の無い
    平等な社会づくり
    03

    ニッポンインシュアでは、社会的な男らしさや女らしさではなく、自分らしさで仕事ができる環境を実現しています。社員も女性の割合が半数以上在籍し、管理職も比例して多いのもニッポンインシュアの特徴です。
    また、家賃債務保証で関わる入居審査ではLGBTを問わず、人の中身によって厳密で平等な審査を行なっています。また、出産・育児・介護などライフイベントに合わせた働き方ができるよう、必要に応じて業務パフォーマンスとのバランスを取りつつ、産休、育休、時短勤務などを認めています。こうした配慮により、女性に偏りがちな生活負担による労働・昇進機会不平等の是正に貢献します。

    国内および国家間の格差を是正する為に、ウェブサイト、SNS、印刷物などによる情報発信や採用において、障害、性別、年齢、国籍、性的志向による差別や不平等の撤廃に留意しています。